アフロじゃないぉ(・ε・)

深淵を覗く者は深淵からも覗かれている(⊇)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ため息は焼酎の香り(⊇)

最近かなり凹む事があったので気分が下降気味です(・ω・)ノ

私の悪い癖で、嫌な事があると酒を飲んでしまうんだ(「ΦωΦ)「 ニャー

まぁ嫌な事は時間かけてゆっくり飲み込んで行こうと思います('A`)

P.S.最近の気分転換は某プリさんのブログに付いてるオセロゲームを酒を飲みながら黙々とやる事です( ゚ρ゚)
スポンサーサイト
  1. 2006/07/22(土) 17:38:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

旅立つ者とそこに残る者

お久しぶりデ━(=゚ω゚)b━ス

7月12日から3日ほど叔父の葬儀のため留守にしていました。

ブログに書くのは初めてなのですが、実は先月の17日に既に離婚をしている父親が亡くなったため、15年ぶりに顔を見たのが葬式 という形になってしまいました。

父親とは色々と複雑な過去の事情により完全に縁を切っていたのですが、父に身寄りが無かったという事と病気になる2年ほど前から、以前母や私が大変お世話になっていたキリスト教会に身を寄せていたため、そちらの牧師から「何とか葬式に来てもらえないだろうか。」という電話を頂いた事もあり上京をして、葬儀後、死亡手続き・アパートの整理・その他の事務処理などを片付けていた矢先に、以前から癌治療をしていた叔父の訃報を受けるということになってしまいました。

父親の死は自分にとっては20年以上前に離婚をしてその当時受けた様々な事が頭から離れず、そして15年も離れて生活をしていた事もあって、ほとんど実感がありませんでした。

叔父は母が父と離婚をしてから母の故郷へ戻ってから、私と姉を実の子供達と同様に面倒を見、世話を焼いてくれた人で、子供の頃の楽しかった記憶は全て叔父に作ってもらったようなもので、私にとっては本当の父親のような存在でした。

でしゃばる事が無く控えめで、多くは語らず、決して激しく怒る事も無く、かといって軽薄な言動をする事も無く、ただ自分の姿勢を見せる事でその背中を見て学べるような叔父だったと思います。
少なくとも私はその叔父の背中を見て自分もこうありたいと心にとめつつ大人になったと思っています。

11ヶ月ほど前に風邪かと思い、病院で検査した結果食道癌と言う事が発覚して以来、奥さんである叔母と2人で必死に癌と闘ってきました。

私も自宅療養中に何度も顔を見に行ったり、病院へ入院してからも数回お見舞に行っていました。
発覚した時既に5段階診断でLEVEL4という末期症状で、放射線と抗がん剤治療だけが助かる可能性のある唯一の手段の中、出来る治療は全て施し、たとえ助かる可能性が限りなく0に近くてもほんの少しでもその可能性に賭けて、普通なら音を上げるような状況の中でも叔父は辛いとか苦しいとかそう言った泣き言1つ言わず、そして諦めて荒れるような事も無く、ただ黙々と「治そう」という事だけを考えて、お見舞に来てくれた人には気丈に振舞い、このまま頑張れば本当に完治できるのではないかと思うほどでした。

ただ、2週間ほど前にお見舞に言った時、驚くほどに痩せてしまった叔父を見た時は動揺が隠せませんでした。
帰る時に叔母から「なるべく顔を見に来て欲しい」と言われたのですが、叔父は人に自分が弱って行く姿を見せたくないと思っているだろうと思っていたのと、自分が普通に接する自信が無かった為、どうしても病院へ足を運ぶのがためらわれてしまいました。

そして今週の頭にお見舞いに行った時、病室の移動がありました。
叔父が入院していた病院で4人部屋から個室への移動は医者の判断でそう長くは無いという判断を下した事でした。
鼻装着式の酸素マスクから口まで覆うマスクへの変更、今までの抗がん治療の副作用により歯は全て抜けてしまったためつけていた入歯も苦しくなりそれも外し、それはもう覚悟の時が近づいていたんだと思います。

7月11日の夜は、体調が悪かったためお酒を飲まずに12時頃にはウトウトしていたのですが、寝てから30分もした頃におふくろの携帯に叔父の危篤の連絡が入りました。
私はおふくろを車に乗せて大急ぎで病院へ向かいました。
病院へ到着して駐車場から病院の裏口へ走って向かい、小走りで叔父の病室に入った時私の目の前にはずっと看病をしていた叔母と私より少し先に到着していた叔父の次男と先に病室へ向かっていたおふくろが、既に息絶えている叔父の周りに立っている光景が広がっていました。

「ひで、ごめん間に合わなかった・・」と叔母が涙声で私に声をかけ、私は叔父の傍へ行き、叔父の頭と腕を取りしばらく放心状態で叔父をぼーっと見つめていました。
叔父は2日ほど前に容態が急変してその時痛み止めも効かず相当暴れたそうです。
11ヶ月間一度もそのようなことが無かった叔父が痛みのあまり錯乱し暴れるほどの苦しみだったのでしょう。
そこまで頑張って頑張って、最期は眠るように死んでいったと聞かされた時には、涙が止まらなくなって声を殺すように泣いていました。

それから間もなく長男が息を切らして病室へ入って来て大きく肩を落としてうなだれていました。

地元に叔父と母を含めて6人の内4人の兄弟が居るので、私が車で2人の叔母を迎えに行き、病院での対面をしたあとは、葬儀の準備をするために叔父の奥さんを病院へ残し家へ戻り、それからは泣いている暇も無いほどのハードスケジュールでした。

身内で自由に動けるのが私しか居なかった為、葬儀での会計係をする片手間に雑用などをこなして、頭がオーバーヒートするんじゃないかと思いました( ゚ρ゚ )

叔父はプールの管理などをする仕事をしていたのですが、その頃のアルバイトの人や友人その他諸々などで葬儀前夜当日合わせて600人以上の参列者には驚かされました。

御花料(キリスト教での香典)管理をエクセルで作って打ち込みしたのですが、この数のおかげで全くといって良いほど葬儀に参列できませんでした(´;ェ;`)ウゥ・・・

とまぁこれがここ数日の出来事です(・ω・)ノ

葬儀が終わってからも手伝う事がいくらか出てくるとは思いますが、一番は今まで必死に看病してきた叔父の奥さんの心配なのですが、次男が結婚をして孫が居るので、その子がかなりの助けになっていて少しは安心です。
孫をあやしている叔母を見ていると、なんかこういうのって当たり前なのかもしれないけど、良いものだなぁ なんて思ったりします。

自分はあまり家庭環境が良くなかったのもあって、結婚をして子供ができて家庭を持つという事への不安が大きかったため、今でも一人で居るわけなんですが(決してもてないとかじゃないと思いたい)歳の近いいとこが自分の子供の世話をしてちゃんとお父さんしてるの見るとなんか羨ましく思う事もたまにあります(「ΦωΦ)「

長い人間のサイクルで、こっちの世界で子を残して寿命を全うして子供達に送り出してもらうという事を大昔から繰り返してきているわけで、自分もそのサイクルにしっかり入っているけど子を残してないな。。とか思うとなんかどうしましょうって感じですね川゚д゚川y─┛~~

長々と書いてしまいましたが、この日記を書いた一番の理由が、自分がこのことを忘れないように何かに残しておきたかったというのがあります。
こんな物見ても第三者にしてみたらナニコレみたいなものですので、完全に自分の為ですね川゚д゚川y─┛~~
とりあえずこんな感じでした。最後まで読んでくれた人 ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュ

[旅立つ者とそこに残る者]の続きを読む
  1. 2006/07/16(日) 04:55:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

頭の体操

さぁみんなもやってみよう| ゚д゚|ノ

まずは上下の運動から(・ω・)ノ

jouge.gif


次は左右の運動(・ω・)ノ

nobitin.gif


今度は回してみましょう(・ω・)ノ

gurngurun.gif


ココまで出来たら何も教える事はないでつ(・ω・)ノ

最後はそのまま飛び立ってください(・ω・)ノ

kimokoputa.gif

[頭の体操]の続きを読む
  1. 2006/07/08(土) 22:34:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

四次元ポケット

roop_tin.gif

ボクドラエモン(。・ε・。)
  1. 2006/07/06(木) 07:56:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

尋ね人

えびちゃん

このお方の消息を御存知の方情報募集しております(・ω・)ノ
お礼は水クエで交換しきれなかったメイポきのこの傘とかあげるです(・ω・)ノ
ガセ・ネタ・むしろ面白い情報を捏造してご連絡ください(・ω・)ノ
  1. 2006/07/04(火) 20:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

しでとき

Author:しでとき
メールorメッセ登録お待ちしてる デ━(=゚ω゚)b━ス

hide_toki8024@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。